初心者さん、短期バイトさん、歓迎!郵便局でアルバイトしよう!

未経験でも安心!郵便局アルバイトガイド

いいアルバイトを見つけたら、スムーズに応募しよう

特集

アルバイト応募時のコツ

アルバイト応募時のコツ

アルバイト募集への応募方法

気に入ったアルバイトの求人が合ったとき、慌てて募集先に電話をかける前に、まずは求人に載っている応募方法を確認してみましょう。電話を指定されていることもあれば、メールやインターネットから応募できる場合もあります。

電話を使う

電話で応募する場合は、まずメモ帳と筆記用具、スケジュール帳を手元に用意しておきましょう。面接の日時等を決めるときに便利です。そして声を聞き取りやすい静かな場所、そして携帯電話などの場合、電波状態の良い場所から電話をかけます。お昼時など相手方が忙しいと想像できる時間は避けた方が無難です。一般的な企業であれば始業から1時間程度、飲食店等の場合なら夕食のピーク時等も避けると良いでしょう。
電話の内容としては、まず名前を名乗り、どこで見た求人広告を元に話しているのかということを伝えた上で、アルバイトに応募したいと話します。そして担当者に代わってもらえるように言いましょう。担当者に代わってもらえたら、もう一度名前を言い、応募したいことを伝えます。面接の日時等を決めてもらえますので、持ち物などを確認してから通話を終えましょう。このとき相手より先に電話を切ってはいけません。
指定された日時に都合が悪ければ、「申し訳ありませんが」と前置きした上で、他の日に変えてもらえないかどうか確認しましょう。応募の前に質問したいことがある場合も、この電話で聞いてしまって大丈夫です。疑問点をなくした上で応募しましょう。

メールを使う

メールで応募をする場合は、まず件名をそれとわかるようなものにすることが重要です。「○○店アルバイト応募の件」といったタイトルを使いましょう。本文には、簡単な自己紹介と参照した求人広告がどれかということ、どの職種に応募したいのか、そして自分の連絡先を確実に記載しましょう。応募前に質問だけをしたい場合であれば、件名をそのように変更し、わかりやすい文章で本文を書きましょう。メールだからといって顔文字や絵文字を使うのはNG。誤字脱字がないかどうかもしっかりと見直してから送信すると良いでしょう。

Webを使う

Webでの応募が可能な場合、時間を気にせずに応募できますし、電話では緊張してしまうという人にもおすすめです。応募方法は求人サイトによって異なりますが、専用の応募フォームから必要事項を入力し、送信するだけという形が多いようです。後日、担当者から連絡が来るでしょう。ただしこの場合も送信した内容は、募集元にそのまま届く仕組みになっています。最低限の礼儀を忘れずに、入力内容をしっかりと確認してから送信するように注意しましょう。また細かい質問等がある場合は、電話をしてみるのが確実です。