初心者さん、短期バイトさん、歓迎!郵便局でアルバイトしよう!

未経験でも安心!郵便局アルバイトガイド

郵便局でアルバイトするための最終チェック!面接の仕組み、服装など気をつける点を再度確認!

特集

郵便局アルバイトの一般的な面接の流れ

郵便局アルバイトの一般的な面接の流れ

郵便局アルバイトの面接の内容

郵便局の面接では、主に勤務を希望する日や時間の申込書に基づいて、勤務希望日を確認する面談を行います。また、通勤の経路や通勤手段に関しても確認の意味で尋ねられます。勤務日や通勤手段を聞かれた後は、簡単な志望動機を尋ねられたり、面接を受ける人の緊張をほぐすために日常生活に関する質問が尋ねられます。
短期のアルバイトで希望している場合は、予定の雇用期間が終了した後に郵便局で働けるかどうかも聞いてくることがあります。応募者に様々な質問をする前後においては、郵便局のアルバイトの概要を面接官から説明されたり、確認の意味でアルバイトの待遇面や交通費などの概要などの説明を受けることがあります。配達のアルバイトを希望している人は、所有している免許証や運転の履歴を確認される事もあります。

郵便局アルバイトの面接で気をつける事

郵便局のアルバイトに着ていく服装に関して、必ずしもスーツを着ていく必要はありません。基本的にあまり派手な物でなければどんな服装でも構いません。汚れた服装などの失礼な服装を除いて、普段着や制服などでも構いません。
注意しておく事は、郵便局で働く場合は郵便局にお世話になるという事を意識して、面接官に対して明るい対応をする事がとても大切です。アルバイトと言っても、郵便局の面接官と会った時に気持ちの良い挨拶をしておくと、コミュニケーション能力があるというポジティブな考えで、面接官も採用しやすくなります。面接官と面接で話す場合は、相手の目のやや下の部分を見ながら自分の思いを伝えるように会話をする事が大切です。
面接の内容においては、社員の面接ではないので、郵便局に関する知識やこれまでのアルバイトの実績を気にする必要はありません。また、面接が一通り終了した後には何でも良いので、気になる事があったら確認の意味で面接官に質問をしておきます。

郵便局のアルバイトの面接に持参するもの

基本的に面接で持参するものに関しては、アルバイトの申し込みの時にアルバイトの担当者から説明されるので、きちんとメモをしておく事が大事です。
面接で持参するものとして、基本的にアルバイトの申し込みの時にもらった勤務シフトの専用の申込書などの書類を持っていきます。また、履歴書が必要であれば、履歴書に必要な事項を書いて、面接会場に持って行きます。
面接会場に持っていくのに欠かせない道具は、本人の名義の印鑑や郵便局で使う事が出来る専用の通帳です。郵便局の通帳を持っていない場合は、面接前に郵便局で口座を作ってもらいます。また、バイクで配達のアルバイトを希望する場合は、運転免許が必要になります。従って、自分の運転免許証を必ず持参します。