初心者さん、短期バイトさん、歓迎!郵便局でアルバイトしよう!

未経験でも安心!郵便局アルバイトガイド

内勤は仕分け!郵便局アルバイトのお仕事詳細はこれをチェック

特集

郵便局アルバイトの内勤・仕分け(区分け)のお仕事

郵便局アルバイトの内勤・仕分け(区分け)のお仕事

郵便局の普通郵便の取り扱いに関する仕事内容

郵便局で取り扱う普通の郵便は、葉書や封筒に入った郵便物などが該当します。普通の郵便物は、毎日膨大な量が大きな郵便局に到着して、各局に仕分ける処理をしなければならないです。
アルバイトの人が仕分けの作業を行う時には、大きな郵便局で手作業を行っている郵便物の種類を区分けする事になります。膨大な量の郵便物を処理する際に、できるだけ早くお客様の手元に届くために、早めに仕分けした郵便物を配達員に渡す目的で区分け用の機械を導入しています。
区分け専用の機械にかけられない郵便物に関しては、専用の区分棚を使って作業員が地域ごとに仕分けをしていく作業を行います。機械にかけられる普通の郵便物に関しては、基本的に仕分けの効率化を目的として、作業員が郵便物を機械にかける作業を行っています。
葉書などに関しては、消印などを押す作業を行う場合もあります。仕分けの作業の流れに関しては、郵便物の引き受けをして、アルバイトの人が中心になって区分けをして、ドライバーの人に仕分けた郵便を差し立てる作業の流れになります。

郵便局の特殊郵便に関する仕事内容

郵便局の特殊郵便は、配達の記録が残る特定郵便と書留の郵便に分かれます。特殊郵便には、重要な書類や現金が入っていて、他の郵便とは別に処理をする事が特徴です。
特殊郵便の仕事内容は、現金が入っている郵便物も多く取り扱うので、大きな郵便局に到着した時に原則的に手作業で仕分けの作業を行っています。普通郵便と異なる点は、仕分けの作業が終了すると仕分けた書留などの郵便物をそのままドライバーの人などに渡さず、記録が残るようにするためにパソコンに追跡番号を入力する作業を行います。
アルバイトの人の担当は、到着した特殊郵便を引き受けて、専用の区分棚で地域ごとに仕分けをします。仕分けをした特殊郵便は、郵便物の中身が出ないように郵便物専用の袋に入れて、専用のパレットに乗せてから発着担当の人に持っていきます。

郵便局の小包の仕分けに関する仕事内容

小包のアルバイト担当者は、基本的に大きな郵便局に到着した様々な種類の小包を地域毎に仕分ける作業になっています。小包は基本的に郵便物より大きくて、重たいものも多いので、地域毎に直接大きなパレットに乗せる作業を行います。
郵便局に到着したら、専用の機械に乗せて自動的に仕分けした後に、アルバイトの人は、主にベルトコンベアーから下りてくる小包を地域毎に仕分ける作業を行います。
仕分けした小包を乗せたパレットは、そのまま発着の場所に運んで、ドライバーの人に引き渡します。
普通小包の他にチルド専用の小包があって、チルドの小包を扱う場合は、端末機で入力した後に仕分けます。そして、チルド専用の冷蔵庫に仕分けをして、ドライバーの人に渡します。