初心者さん、短期バイトさん、歓迎!郵便局でアルバイトしよう!

未経験でも安心!郵便局アルバイトガイド

気になるお給料をチェック!郵便局アルバイトの時給は?

特集

郵便局アルバイトの気になる時給は?給料目安

郵便局アルバイトの気になる時給は?給料目安

郵便局アルバイトの基本的な給料

郵便局アルバイトとして働いた場合に貰える給料は、職種や働いている地域によって違う事が特徴です。働いている地域での基本の時給に関して、東京などの都会で基本の時給が800円以上になる事が多いですが、地方では700円前半になります。また、22時から5時までの時間帯に働いたり、残業をしたり、指定された休日に働いた場合は基本の時給にいくらか手当がつきます。
最近では、郵便局でのアルバイトでも職能を鑑みた時給を定めていて、求められている能力を満たせばいくらか時給についてアップする可能性があります。長年働いていたり、従事している職務に関してエキスパートとしての能力を身につけれたことが認められると、基本の時給から100円以上もアップすることもあります。
正規の職員とは違って、基本的に時給に働いた時間を掛け合わせて、日給として給料が算出されます。従って、長い時間働くほど給料が高くなっていきます。深夜のアルバイトを週に5日程度行っても、月収で10万円から15万円前後の給料が貰えます。

郵便局アルバイトの内勤の時給

内勤の時給に関して、都会の郵便局で郵便物の仕分けの作業に従事する場合は、基本的に800円前後になります。また、都会の郵便局で働く場合、窓口業務や一般事務などの給料に関しては、800円前後の時給にいくらか加算される可能性もあります。
簡易郵便局などの小さな郵便局で働く場合、基本的に朝から夕方の勤務なので、時給に深夜の手当が付く事はほとんどないです。休日に急遽出勤をお願いされて、出勤した場合は基本の時給に30%前後の手当が付きます。
一方で、普通郵便局を中心とした大きな郵便局では、基本的に一日中仕分けなどの作業を稼動している場合が多いです。従って、深夜の勤務として出勤するアルバイトに関しては、22時から5時の間まで働いた時に、基本の時給に25%から35%程度の時給が加わることになります。従って、都会で深夜の勤務として働いた場合でも、時給に換算すると1000円以上になる場合が多いです。

郵便局アルバイトの外勤の時給

外勤アルバイトの中でも配達員の時給は、内務のアルバイトの時給よりも100円から200円上乗せされることが原則です。
また、集荷のアルバイトも配達のアルバイトと変わらない位の時給を貰えることが多いです。配達などのアルバイトは、内勤のアルバイトと比較して、働く環境や条件などから仕事をする上でのリスクが高くて、比較的ハードな仕事であるからです。
地方で配達のアルバイトに従事する場合は、基本的に800円前後は貰える事が多いです。しかし、職能によっては千円以上も貰える可能性があります。また、休日の出勤や残業をした場合の時給の加算もあります。