初心者さん、短期バイトさん、歓迎!郵便局でアルバイトしよう!

未経験でも安心!郵便局アルバイトガイド

福利厚生や交通費支給などの待遇をチェック!郵便局アルバイトのメリットをご紹介

特集

郵便局アルバイトはメリットいっぱい、待遇面をチェック

郵便局アルバイトはメリットいっぱい、待遇面をチェック

郵便局の「外勤」と「内勤」

郵便局のアルバイトは別名「郵メイト」などと呼ばれ、バイクなどで郵便物を各家庭に配布する「外勤」と局内で郵便物を仕分けする「内勤」の2つの職種があります。時給的には「外勤」の方が高額ですが、責任が重く、事故に巻き込まれるリスクが大きいなど 決して楽なバイトではありません。一方、「内勤」の方は、郵便局の室内の空調の完備された抜群の環境で、1.5~2時間毎に15分の休憩をとりながらの勤務となるため、肉体的には非常に楽であり、時給は東京,大阪で800円台、地方では700円台と安いです。さらに、長時間勤務の場合は、通常の昼休みに相当する1時間の休憩がある他に、前述の小休憩がありますので、例えば、8時間勤務の場合には うち2時間は休憩していることになり体力的に非常に楽です。こんなに休憩が多い理由は、「内勤」が行うはがきや封筒の仕分け作業は、マンションの郵便受けのようなところの前に立って、住所毎にただひたすら郵便物を仕分けし続けるという単純作業であるため、時間がたつと作業効率の低下やミスが増加してくる可能性があります。そのため、頻繁な小休憩が必須なのです。

福利厚生

郵便局でのアルバイトのメリットは、公共施設で働くということから身分は「公務員」扱いとなり、福利厚生が充実していることです。アルバイトとはいえ公務員扱いとなるため、交通費が全額支給されますし、社会保険への加入や有給休暇の取得など 民間のアルバイトでは考えられない、公務員ならではの待遇となっています。
従って、郵便局のアルバイトの仕事は、社会保障が完備されているので、長期で務めるフリーターの人が非常に多く、求人はあまり頻繁に出てきません。しかし、まれに大手のバイト情報サイトに出てくることがありますので、チェックしていると良いと思います。これら郵便局のアルバイトは、東京、大阪などの大都市中心ですが、地方の荷物が集中する中核都市でも求人があると思います。

求人が集中する時期

求人が集中するのは9~11月、つまり、正月の年賀状配達シーズンの短期間のアルバイトがほとんどです。この年賀状配達のシーズンに、勤務実績が多い、大晦日や正月に勤務したなどの評価される実績をつくれば、その後も 長期アルバイトとして勤務し続けることができる可能性があります。特に、「内勤」の場合には、夜勤勤務ができる場合があります。夜勤なら時給が、22時から翌朝5時までは昼間勤務の場合の25%増しの1000円以上になるはずですので、夜型の人には非常に美味しいアルバイトであると言えます。さらに、長期間の勤務実績を積み重ねていけば、時給が昇給していくことも魅力です。